スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
オーバークロック
2005-01-31 Mon 14:02
さて、パワーアップ術書くかの。

えーっと皆自分のPCに何のCPUが搭載されてるかくらいは知ってるよな?
しらないならマイコンピュータで右クリック、プロパティで全般の項目にCPUが何なのか書いてあるからチェックしてみなさい。

で、CPUにはクロックが割り当てられてて、実質この数値が高ければ高いほどパワーがあるってことになる。
が、しかしPentium4の2400MhzとCelelonの2400Mhzはまったくの別物である。
詳しく書くと長くなっちゃうから、まぁとりあえずCelelonはPentium4の機能を削ってる物と思えば良い。

さて、こっからパワーアップ術を書いていくわけだが一つ注意してほしいことがある。
過度の負担はマシンをぶっ壊すことになります、ほどほどに
CPUは熱を発するためにCPUファンが付いてるよね?
中身すら見たことないって人はあれだが・・。
まぁそれでもしCPUが2000Mhzなら、そこから手動で2500Mhzにクロックを上げてやれば実質マシンの処理能力があがることになる。
でもその分熱を放出するため十分な冷却能力が必要になる。
んじゃやり方を書いていく。
まずPCの電源を入れた後メモリチェック画面でDeleteキーを押してやると(メーカー製だったらF2キーなんだっけか)BIOS画面に入ります。(BIOSってのは例えばPS2とか起動したときに出てくるメニュー画面とかね)
20050131134858.jpg

んでこの画面でFrequency /Voltage Controlを選択
するとメニューが沢山出てくるから、CPU Host Clock ControlをEnabledにした後CPU HostFrequency(Mhz)の数値を上げてやることによってCPUをオーバークロックさせることができる。
初期値では200俺は250に上げている。
20050131135213.jpg

設定を終えたらセーブして再起動し、クロックが上がっているかどうかチェックしよう。
ご覧の通りCPUが2.4Ghzから3Ghzに上がっている
20050131135514.jpg

Windowsが立ち上がったら一応OS上でも動いてるかチェックしてみよう。
さっき言ったようにマイコンでプロパティ
20050131135736.jpg

ばっちりだね。
ここでマシンに負担をかけてみる。
とりあえずベンチマークソフトを2時間くらい起動しててもマシンが落ちなければ大丈夫。
CPUのクロックをあげる前と後ではベンチマークのスコアが結構違うんだよね、まぁやってみるとヨロシ
俺は2400Mhz→3000Mhzに上げてるけどこれ結構熱が出ちゃうからCPUに最初からついてるリーテルクーラーでは冷却が追いつかなくて余裕でマシンが落ちます。で、俺は水冷使って冷やしてるわけだが、別に水冷じゃなくても結構冷えるCPUクーラー売ってるので新しいCPU買う金がないならこういう方法も使ってマシンのパワーアップを試みるのも良いのではないだろうか。
スポンサーサイト
別窓 | 改造&パワーアップ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| k'のBlog |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。